土佐日記

紀貫之 著 ; 西山秀人 編

平安期の大歌人、紀貫之が侍女になりすまし、帰京の旅をかな文字で綴った紀行文学の名作。国司の任期を終えて京へ戻る船旅は長く苦しい日々の連続であった。土佐の人々に温かく見送られ出発したものの、天候不順で船はなかなか進まない。おまけに楫取はくせ者。海賊にも狙われる。また折にふれ、土佐で亡くした娘を想い悲嘆にくれる。鬱々としながらも歌を詠み合い、ひたすら都を目指す一行の姿が生き生きとよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女の私も書いてみる-男もすなる日記といふものを
  • 船旅なのに馬のはなむけ?
  • 国司の館で送別会
  • 帰らぬ人を偲びつつ-大津出立
  • 詩と歌のセッション
  • 押鮎にキッス!-浦戸から大湊へ
  • お返しも楽じゃない
  • 池の若菜に「いとをかし」
  • 「白波」はNGワード!
  • 水の中の月〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土佐日記
著作者等 三谷 栄一
紀 貫之
西山 秀人
書名ヨミ トサ ニッキ
シリーズ名 ビギナーズ・クラシックス
土佐日記
角川ソフィア文庫
角川文庫
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.8
ページ数 206p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-357420-9
NCID BA83365510
BB0942101X
BB16593966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21294926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想