身体から革命を起こす

甲野善紀, 田中聡 著

「捻らない、タメない、うねらない」これまでの常識を覆すその身体技法は、まさに革命である。武術家・甲野善紀が、武術、スポーツのみならず、音楽演奏や介護にまで変革をもたらしたのは何故か?古武術の探求をはじめとする甲野の現在とは?「ナンバ」に代表される日本人古来の身体の使い方など、西洋的身体観では説明できないその術理は、もはや我々の思考方法にまで転換を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナンバ的身体の衝撃
  • 第2章 武術的な動きとは、どのようなものか
  • 第3章 スポーツと工学
  • 第4章 日本人はどのように歩いていたのか
  • 第5章 異分野からの挑戦者たち
  • 対談 動くことと考えること(養老孟司・甲野善紀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体から革命を起こす
著作者等 田中 聡
甲野 善紀
書名ヨミ カラダ カラ カクメイ オ オコス
書名別名 Karada kara kakumei o okosu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2007.9
ページ数 313p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-132651-1
NCID BA82950424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21286076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想