語録のことば : 唐代の禅

小川隆 著

禅録の読みは絶え間なく変化している。多くの禅籍の通読から、唐代禅の問題関心の推移と連関を読み取り、その脈絡のうえに個々の問答を位置づけ、それらを相互に結びつけながら読み解いてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 馬祖系の禅(不立文字
  • 祖師西来意
  • 西来無意
  • 即心是仏と非心非仏 ほか)
  • 第2部 馬祖系の禅から石頭系の禅へ(業識茫茫
  • 無始劫来生死本
  • 主人公
  • 揚眉動目 ほか)
  • 第3部 臨済の「無位の真人」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語録のことば : 唐代の禅
著作者等 小川 隆
書名ヨミ ゴロク ノ コトバ : トウダイ ノ ゼン
書名別名 Goroku no kotoba
出版元 禅文化研究所
刊行年月 2007.7
ページ数 314p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88182-225-8
NCID BA82619034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21360622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想