ダロウェイ夫人

ヴァージニア・ウルフ 著 ; 丹治愛 訳

1923年、6月のある水曜日。第一次世界大戦の影響が残るロンドンでクラリッサ・ダロウェイは、自宅で開くパーティのため、花を買いに街に出る。瑞々しい生命力に溢れるロンドンを歩きながら、ダロウェイ夫人の意識は青春時代と現在を自在に行き来し、心に無数に降りそそぐ印象を記す。あらゆる過去の一日が充満した一日を「意識の流れ」の手法で、生、死、「時」を描いたモダニズム小説の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダロウェイ夫人
著作者等 Woolf, Virginia
丹治 愛
ウルフ ヴァージニア
書名ヨミ ダロウェイ フジン
書名別名 Mrs.Dalloway
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 2007.8
ページ数 413p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-760535-8
NCID BA83778940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21281119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想