谷崎潤一郎

平山城児 著 ; 福田清人 編

半世紀にわたる文筆活動の期間、常に第一線の作家として精進し、いくたの名作をものにし、晩年には名実ともに昭和の文豪としての名をほしいままにした谷崎潤一郎が逝ったのは、昭和四十年七月三十日であった。その一周忌を迎えるひと月ほど前の、昭和四十一年六月十八日に、吉野の国栖で、谷崎の歌碑の除幕式が行われた。国栖は谷崎ゆかりの土地である。『吉野葛』の読者には、それがどれほど谷崎の歌碑にふさわしい土地であるかがわかるであろう。古い日本の美の伝統は谷崎によって受け継がれ、それは今後も脈々として日本人の心の中に生き続けてゆくことだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 谷崎潤一郎の生涯(マル久の潤ちゃん
  • 青春彷徨
  • 転機
  • 円熟、そして精進)
  • 第2編 作品と解説(刺青
  • 母を恋ふる記
  • 痴人の愛
  • 蓼喰ふ虫
  • 吉野葛
  • 芦刈
  • 春琴抄
  • 細雪
  • 随筆その他)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一編 谷崎潤一郎の生涯
  • (久)の潤ちゃん / 8
  • 青春彷徨 / 33
  • 転機 / 76
  • 円熟、そして精進 / 99
  • 第二編 作品と解説
  • 刺青 / 110
  • 母を恋ふる記 / 114
  • 痴人の愛 / 119
  • 蓼喰ふ虫 / 129
  • 吉野葛 / 135
  • 芦刈 / 142
  • 春琴抄 / 152
  • 細雪 / 162
  • 随筆その他 / 175
  • 年譜 / 186
  • 参考文献 / 189
  • さくいん / 190

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 谷崎潤一郎
著作者等 平山 城児
福田 清人
書名ヨミ タニザキ ジュンイチロウ
書名別名 Tanizaki jun'ichiro
シリーズ名 センチュリーブックス. 人と作品 ; 12
出版元 清水書院
刊行年月 1966
版表示 新装版
ページ数 190p 図版
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-40107-8
全国書誌番号
66001589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想