日本妖怪異聞録

小松和彦 著

妖怪は山ではなく、人の心に棲息している。妖怪とは幻想である。そして、自分たちの否定的分身である。国家権力に滅ぼされた土着の神や人々の哀しみ、怨み、影、敵が形象化されたものである。酒呑童子、玉藻前、是害坊天狗、崇徳上皇、紅葉、つくも神、大嶽丸、橋姫。日本妖怪変化史に燦然と輝く鬼神・妖怪たちに託されたこの国の文化史の闇を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大江山の酒呑童子
  • 第2章 妖狐 玉藻前
  • 第3章 是害坊天狗
  • 第4章 日本の大魔王 崇徳上皇
  • 第5章 鬼女 紅葉
  • 第6章 つくも神
  • 第7章 鈴鹿山の大嶽丸
  • 第8章 宇治の橋姫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本妖怪異聞録
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ ニホン ヨウカイ イブンロク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.8
ページ数 208p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159830-0
NCID BA82729746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想