喪失とノスタルジア : 近代日本の余白へ

磯前順一 著

どこにも帰属しえない"居心地の悪さ"こそが、他者と、死者と、共同性と、異文化とつながる唯一の絆となりうる。近代日本という歴史経験の根源をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ どこにもいないあなたへ-歴史と宗教の生じるところ
  • 1 身近さへの回帰
  • 2 内面と余白
  • 3 死者と生者
  • 4 中空の帝国
  • エピローグ 二隻の舟-過去に向き合うこと、そして表現行為

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 喪失とノスタルジア : 近代日本の余白へ
著作者等 磯前 順一
書名ヨミ ソウシツ ト ノスタルジア : キンダイ ニホン ノ ヨハク エ
書名別名 Soshitsu to nosutarujia
出版元 みすず書房
刊行年月 2007.8
ページ数 288, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07274-4
NCID BA82941999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想