枕草子

大伴茫人 編

日本古典を読みはじめたい、もう一度読みなおしたい、と思う読者のための古典入門書。二部構成の第一部はいわゆるものづくしと随想の段から代表的なものを抜粋し、読みやすい現代語訳に、適切な語釈、読みごたえのある鑑賞を付す。第二部は宮廷生活の描写の段を時代順に再構築し、オリジナルの「加工訳」と鑑賞で、初学者にも一読で楽しめる工夫を凝らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(四季の美しさ-第一段
  • 法師というもの-第四段
  • 節句の天候-第七段
  • 宮仕えさせるべき女性-第二一段 ほか)
  • 第2部(初出仕のころ-第一七六段
  • 中関白家栄華の日-第二六〇段
  • 道長がひざまずく-第一二三段
  • 宮からの手紙-第二八二段 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 枕草子
著作者等 大伴 茫人
書名ヨミ マクラノソウシ
シリーズ名 日本古典は面白い
枕草子
ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.7
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42347-4
NCID BA82481673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21275341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想