エスノメソドロジー : 人びとの実践から学ぶ

前田泰樹, 水川喜文, 岡田光弘 編

おしゃべり、授業、TV視聴、科学実験…現場を生みだす日常の「実践の論理」をこまやかに記述するエスノメソドロジー。基本を34のキーワードで学ぶ待望の入門書。「あたりまえ」から学ぶ社会学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エスノメソドロジーのアイデア-実践に学ぶ
  • 2 エスノメソドロジーの論理-なぜ実践に着目しなければならないか(行為を理解するとは、どのようなことか
  • 秩序があるとは、どのようなことか
  • 合理的であるとは、どのようなことか
  • 規範があるとは、どのようなことか)
  • エスノメソドロジーの記述-実践の記述に向けて(会話をする
  • 会話における実践
  • ワークの実践
  • 実践における理解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エスノメソドロジー : 人びとの実践から学ぶ
著作者等 前田 泰樹
岡田 光弘
水川 喜文
書名ヨミ エスノメソドロジー : ヒトビト ノ ジッセン カラ マナブ
書名別名 Esunomesodoroji
シリーズ名 ワードマップ
出版元 新曜社
刊行年月 2007.8
ページ数 272, 29p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7885-1062-3
NCID BA82831695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21288995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想