日本の防衛戦略

江畑謙介 著

中国の加速する軍事拡大、極東ロシア軍の再建、北朝鮮の弾道ミサイルと核、テロリズムの蔓延…今、日本に突きつけられた課題と、新防衛大綱による有事への備えを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ サマーワの教訓(イラクに送られた無防御の高機動車
  • 「好評」だった軽装甲機動車 ほか)
  • 第1章 変わる自衛隊の役割と性格(装備の調達内容と量を決める防衛計画の大綱
  • 冷戦の終結と安全保障環境変化の把握 ほか)
  • 第2章 顕在化した脅威-北朝鮮の弾道ミサイルと核兵器(七月五日の衝撃
  • まともに飛んだ北朝鮮のミサイル ほか)
  • 第3章 在来型の脅威に対する備え(軍事力による抑止機能の本質
  • 難しい対テロ作戦 ほか)
  • 第4章 非対称型の戦いと平和維持・人道支援活動用装備(テロリストとゲリ・コマによる攻撃
  • 即応・多用途任務に対応する中央即応集団の新設 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の防衛戦略
著作者等 江畑 謙介
書名ヨミ ニホン ノ ボウエイ センリャク : ジエイタイ ノ アラタナ ニンム ト ソウビ
書名別名 自衛隊の新たな任務と装備
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2007.7
ページ数 405p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-00190-5
NCID BA82730621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想