発達期言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論

笹沼澄子 編

[目次]

  • 第1章 自閉症スペクトラムの理解
  • 第2章 発達性読み書き障害
  • 第3章 特異的言語発達障害とその周辺
  • 第4章 Down症候群の言語・コミュニケーション能力
  • 第5章 Williams症候群の発達認知神経心理学
  • 第6章 後天性小児失語症をめぐる諸問題
  • 第7章 脳機能からみた人工内耳装用児の言語発達
  • 第8章 吃音研究の現状と展望
  • 第9章 健常乳児の音声知覚と言語発達
  • 第10章 幼児期の話しことばの発達
  • 第11章 小児・乳幼児の脳機能イメージング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達期言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論
著作者等 笹沼 澄子
書名ヨミ ハッタツキ ゲンゴ コミュニケーション ショウガイ ノ アタラシイ シテン ト カイニュウ リロン
書名別名 Hattatsuki gengo komyunikeshon shogai no atarashii shiten to kainyu riron
出版元 医学書院
刊行年月 2007.6
ページ数 317p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-00366-7
NCID BA82405653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21270034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想