細胞の生物学

鈴木範男, 神谷律 共編

生命という営みを支えるしくみ・原理は何なのか?細胞研究者は、その答えを細胞の中の現象に求めていく。細胞周期、細胞分裂、細胞死、細胞運動、細胞内情報伝達といった代表的な現象について、日本の第一線の研究者陣が、各々追っているテーマを中心に総括した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 個別性と普遍性の間を行き来してきた細胞研究
  • 1章 ヒトデ卵の成熟と減数分裂の制御機構:半世紀にわたる研究の展開
  • 2章 動物細胞の生と死の制御:神経細胞を中心として
  • 3章 動物胚における細胞分裂パターンの制御:不等分裂を中心として
  • 4章 新しい電子顕微鏡法で見る膜細胞骨格
  • 5章 鞭毛・繊毛運動のしくみ
  • 6章 グアニル酸シクラーゼを介する情報伝達系:ウニからヒトへ
  • 終章 動物科学者の「細胞の生物学」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞の生物学
著作者等 神谷 律
鈴木 範男
書名ヨミ サイボウ ノ セイブツガク
書名別名 Saibo no seibutsugaku
シリーズ名 シリーズ21世紀の動物科学 / 日本動物学会 監修 ; 浅島誠, 小泉修, 佐藤矩行, 長濱嘉孝 編 6
出版元 培風館
刊行年月 2007.7
ページ数 233p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-563-08286-4
NCID BA82614278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想