国境お構いなし

上野千鶴子 著

国境なんて、いったいだれが考えたのか。世界諸国をひとりで旅し、各地で目にした不平等・不正義と、強烈に魅惑的な異質性。半ば強いられ、半ば楽しむ孤独と不便。現地の人々との思いがけない交情。そして日本人と日本学を顧みる。越境する社会学者の、異文化論日本考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 異国暮らし("What am I doing here?"-旅の途上
  • "Once we were British..."-インド人の誇り ほか)
  • 2 メキシコ(百年の孤独
  • メキシコのカルチャー・ショック ほか)
  • 3 ニューヨーク(ドアマンとタクシードライバー
  • カレッジ・ライフ ほか)
  • 4 日本人と外国(戦後知識人の北米体験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境お構いなし
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ コッキョウ オカマイナシ
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.7
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-264395-7
NCID BA82464492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21261789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想