ジャパンクールと江戸文化

奥野卓司 著

いま世界を席捲しているジャパンクールの強さの原点は「江戸文化」にあるのではないか。「江戸文化」をジャパンクールの視点から捉えなおし、いまもなお変化と創造を続けるその可能性を浮き彫りにしてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジャパンクールからみえる江戸文化
  • 第2章 コミュニティを再生する江戸文化
  • 第3章 ジャパンクールとしての江戸文化
  • 第4章 江戸文化の「モエ」の構造
  • 第5章 京都・大坂・名古屋のコンテンツ戦略
  • 第6章 江戸という近未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャパンクールと江戸文化
著作者等 奥野 卓司
書名ヨミ ジャパン クール ト エド ブンカ
書名別名 Japan kuru to edo bunka
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.6
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-023438-2
NCID BA82370446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想