妖怪学新考 : 妖怪からみる日本人の心

小松和彦 著

著者の学問研究の原点には、若き日の学生運動の体験がある。排除されたものへの共感と研究テーマとしての日本文化の中にあり続けた「闇の精神世界」が結合したのである。そのことが、「神」として祀られる存在がある一方で、祀られていない存在としての「妖怪」を発見することになる。さらに、学問研究の中心は「神」への関心が高いが、「妖怪」は研究の価値すら認めないアカデミズムへの批判にも繋がった。しかし、著者は、その原点を凌駕し、独自の人類学的な民俗研究を基礎に、好ましくない「超自然的な力や存在」である妖怪を研究することが、日本人の精神構造を理解する上で重要な学問的方法であることを提唱する。デビュー作『神々の精神史』以来、着実に積み重ねてきた「小松妖怪学」の基本テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 新しい妖怪学のために
  • 第1部 妖怪と日本人(妖怪とはなにか
  • 妖怪のいるランドスケープ
  • 遠野盆地宇宙の妖怪たち
  • 妖怪と都市のコスモロジー
  • 変貌する都市のコスモロジー
  • 妖怪と現代人)
  • 第2部 魔と妖怪(祭祀される妖怪、退治される神霊
  • 「妖怪」の民俗的起源論
  • 呪詛と憑霊
  • 外法使い-民間の宗教者
  • 異界・妖怪・異人)
  • おわりに 妖怪と現代文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖怪学新考 : 妖怪からみる日本人の心
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ ヨウカイガク シンコウ : ヨウカイ カラ ミル ニホンジン ノ ココロ
書名別名 Yokaigaku shinko
シリーズ名 MC新書 18
出版元 洋泉社
刊行年月 2007.7
ページ数 316p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86248-180-1
NCID BA82482020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21264917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想