やまがた歌壇誌

結城健三 著

[目次]

  • やまがた歌壇誌
  • 目次
  • 序 土岐善麿
  • 一、 序説 / 1
  • 二、 子規と節の奥羽行脚 / 2
  • 子規の「はて知らずの記」 / 2
  • 節の「鉛筆日抄」 / 5
  • 三、 明治時代の県歌壇 / 8
  • 「明星」系歌人の輩出 / 8
  • 上野甚作の活躍 / 11
  • 四、 哀草果「アララギ」に入会 / 14
  • 伊藤源宗、村岡黒影、佐藤緑葉ら相つぐ / 18
  • 五、 投書家時代の健三 / 23
  • 大正中期ごろの歌人たち / 27
  • 六、 宮内と酒田に短歌会生誕 / 32
  • 七、 歌誌「日光」の創刊 / 38
  • 八、 文学活動活発化す / 43
  • 「山新文芸」若い文芸人に開放 / 43
  • 文芸誌相ついで出る / 48
  • 歌誌「荘内文学」「泰山木」の創刊 / 54
  • 九、 歌壇いよいよ隆盛を極む / 62
  • 信行の新短歌運動 / 69
  • 克三、「栴檀」を創刊 / 74
  • 一〇、 波紋をよんだ「島木赤彦と私」 / 80
  • 一一、 山形短歌会創設される / 85
  • 一二、 哀草果の歌集「山麓」出る / 93
  • 昭和初期の歌人たち / 93
  • 一三、 県歌壇に戦国時代的な様相 / 104
  • 一四、 酒田短歌会の誕生 / 116
  • 一五、 折口信夫、白布高湯に来湯 / 124
  • 一六、 女流だけの「やまなみ会」 / 131
  • 一七、 県歌人協会の発足 / 136
  • 一八、 歌誌の統合相次ぐ / 140
  • 一九、 文学報国会短歌部の県支部生まる / 149
  • 二〇、 茂吉金瓶に疎開す / 156
  • 「白樺」、「雪国」、「彼方」、「芦角集」など創刊 / 161
  • 二一、 陛下に茂吉、哀草果ご進講 / 167
  • 二二、 歌誌「えにしだ」の創刊 / 171
  • 二三、 行幸記念に「県景観歌集」出版 / 178
  • 二四、 哀草果、歌誌「山塊」を主宰す / 185
  • 阿部静枝、生方たつゑら山寺に遊ぶ / 185
  • 歌集の出版相つぐ / 190
  • 二五、 茂吉に文化勲章授与 / 196
  • 二六、 佐佐木信綱の歌碑建つ / 203
  • 二七、 二十八年二月に茂吉逝く / 209
  • 二八、 「斎藤茂吉文化賞」の制定 / 215
  • 二九、 土岐善麿が来県講演 / 222
  • 三代の文人墨跡展ひらく / 227
  • 三〇、 歌集、歌書の出版相つぐ / 232
  • 附 著者別歌集・歌書一覧 / 244
  • とじめがぎ / 250
  • 索引 氏名・雑誌名・結社名・著書名 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 やまがた歌壇誌
著作者等 結城 健三
書名ヨミ ヤマガタ カダンシ
出版元 金雀枝短歌会
刊行年月 1965
版表示 限定版
ページ数 251p 図版
大きさ 22cm
NCID BA33149149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66002482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想