コンセンサス肝疾患 : B型肝炎・C型肝炎の治療  2007

坪内博仁 監修 ; 岡上武, 小俣政男, 林紀夫, 熊田博光 編

本書は、「DDW‐Japan2006(第14回日本消化器関連学会週間)札幌」に参加した、第10回日本肝臓学会大会におけるコンセンサスミーティング"B型肝炎の治療"および"C型肝炎の治療"の講演や討論を元に、現時点におけるコンセンサスをまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • B型肝炎治療のコンセンサス(治療の基本的な考え方
  • IFN治療-適応と限界
  • lamivudine治療
  • lamivudine抵抗出現防止を目指したIFN併用療法
  • entecavirの治療効果
  • 抗ウイルス療法の効果とHBV遺伝子型
  • 抗ウイルス療法における新たな副作用
  • 新しい抗ウイルス剤の開発状況)
  • C型肝炎治療のコンセンサス(治療の基本的な考え方
  • Peg‐IFN/ribavirin併用療法
  • 高齢者に対する治療
  • ALT持続正常例に対する治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンセンサス肝疾患 : B型肝炎・C型肝炎の治療
著作者等 坪内 博仁
小俣 政男
岡上 武
林 紀夫
熊田 博光
書名ヨミ コンセンサス カンシッカン : Bガタ カンエン Cガタ カンエン ノ チリョウ
巻冊次 2007
出版元 日本メディカルセンター
刊行年月 2007.6
ページ数 156p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88875-197-1
NCID BA8298616X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21333549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
2型高ウイルス量高齢者に対するIFN療法 川上由育, 茶山一彰, 高橋祥一
ALT持続正常例に対する治療
ALT持続正常者に対するPeg-IFN/ribavirin併用療法 後藤秀実, 片野義明
ALT持続正常者の病態と抗ウイルス療法の適応 伊藤義人, 橋本宏明, 岡上 武
B型肝炎治療のコンセンサス
Combination therapy 加藤道夫, 結城暢一, 長岡貴幸
C型肝炎治療のコンセンサス
Entecavirの治療効果 佐田通夫
HCV高浸淫地区におけるALT持続正常者の経過 宇都浩文
IFN治療 進藤道子
ISDRと初期抗ウイルス効果からみた治療効果 坂本穣, 榎本信幸
Lamivudine治療
Peg-IFN/ribavirin併用療法
Sequential therapy 南祐仁, 岡上 武
lamivudine抵抗出現防止を目指したIFN併用療法
lamivudine治療におけるHBVコア関連抗原測定の意義 松本晶博, 清澤研道, 田中榮司
lamivudine耐性株に対するadefovir投与時期とその効果 坂口孝作, 小橋春彦, 池田弘
lamivudine長期投与の効果と変異ウイルス対策 熊田博光, 鈴木義之
lamivudine長期投与治療成績と長期予後 泉並木, 黒崎雅之
抗ウイルス効果からみた治療効果 朝比奈靖浩
抗ウイルス療法における新たな副作用 森奈美
抗ウイルス療法の効果とHBV遺伝子型 折戸悦朗, 溝上雅史
抗ウイルス療法の安全性と治療効果 熊田博光, 荒瀬康司, 鈴木文孝
新しい抗ウイルス剤の開発状況 五藤忠, 小俣 政男
治療の基本的な考え方 林 紀夫
治療の基本的な考え方 岡上 武
総括 小俣 政男
総括 熊田博光
難治性C型肝炎に対する治療効果 平松直樹, 林 紀夫
高齢者C型慢性肝炎に対するPeg-IFN α-2a療法 山田剛太郎, 川中美和, 新山豪一
高齢者C型肝炎に対するPeg-IFN/ribavirin併用療法 林純, 野村秀幸
高齢者に対する治療
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想