ネーションと市民

長谷部恭男, 土井真一, 井上達夫, 杉田敦, 西原博史, 阪口正二郎 編

日本国憲法は、ナショナルな連帯を超えて、人類普遍の原理を実現するものなのか。それとも、あくまでネーションという閉じた単位を前提としているのか。多文化主義やマイノリティの権利が主張され、アイデンティティをめぐる境界線が自明でなくなりつつある現在、憲法と憲法学には何が問いかけられているのか。原理的に分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国民主権とナショナル・アイデンティティ(国民主権とデモクラシー
  • 社会契約説と憲法
  • 憲法とナショナリズム)
  • 2 共和主義と公共性(憲法と共和主義
  • 憲法と公共性)
  • 3 多文化主義とマイノリティの権利(シティズンシップ論の現在
  • 多文化主義と憲法
  • フェミニズムと憲法)
  • 4 「自治」を問い直す(連邦制と主権国家
  • 国民主権と「対話」する地方自治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネーションと市民
著作者等 中里見 博
井上 達夫
佐々木 雅寿
土井 真一
大津 浩
岩崎 美紀子
川出 良枝
川岸 令和
斎藤 純一
杉田 敦
田村 哲樹
長谷部 恭男
関谷 昇
書名ヨミ ネーション ト シミン
シリーズ名 岩波講座憲法 / 長谷部恭男, 土井真一, 井上達夫, 杉田敦, 西原博史, 阪口正二郎 編 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.6
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-010737-2
NCID BA82276062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想