われわれはみな外国人である : 翻訳文学という日本文学

野崎歓 著

翻訳は日々あたらしい。今、読者に伝わる言葉は、どう創られるのか。プルースト、ジッドから現代の小説家まで、著者が、その作品の魅力を縦横に綴ったオマージュ集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フランス文学の日々(あこがれの作家たち
  • 現代小説を追いかけて
  • フランス文学多面体)
  • 第2部 翻訳文学または/すなわち日本文学(エッセイの愉しみ、翻訳のたくらみ
  • 本の波間を漂って
  • 日本語作家礼讃)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われわれはみな外国人である : 翻訳文学という日本文学
著作者等 野崎 歓
書名ヨミ ワレワレ ワ ミナ ガイコクジン デ アル : ホンヤク ブンガク ト ユウ ニホン ブンガク
シリーズ名 五柳叢書
出版元 五柳書院
刊行年月 2007.6
ページ数 494p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901646-11-6
NCID BA82248726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21294604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想