生体内植込みデバイス患者と電磁干渉

日本不整脈学会 監修 ; 安部治彦, 豊島健 編

[目次]

  • 第1章 電磁干渉を理解するための理論と基礎知識(電磁干渉とは
  • 電磁干渉に関する理論と必要な基礎知識
  • 電磁波の測定方法と実際(Irnichモデルを含む))
  • 第2章 生体内植込みデバイスに関する基礎知識(ペースメーカに関する基礎知識(単極・双極の違いも含めて)
  • ICDに関する基礎知識
  • CRT-P、CRT-Dに関する基礎知識)
  • 第3章 生体内植込みデバイス患者の生活環境と電磁障害(ペースメーカ患者における電磁干渉
  • ICD患者の電磁障害
  • ペースメーカ・ICD患者の社会生活と電磁干渉
  • 携帯電話による電磁干渉と対策
  • 電子商品監視装置(EAS)による電磁干渉と対策
  • 日常家庭電化製品に対する注意)
  • 第4章 生体内植込みデバイス患者の医療環境と電磁障害(医療環境における電磁干渉と安全対策
  • 手術時の電磁干渉とその対策)
  • 第5章 社会生活並びに職場環境による電磁障害と対策(国内におけるペースメーカ・ICD患者の就労の実際
  • 職場環境による電磁干渉と対策
  • 職場環境における産業保健対策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体内植込みデバイス患者と電磁干渉
著作者等 安部 治彦
日本不整脈学会
豊島 健
書名ヨミ セイタイナイ ウエコミ デバイス カンジャ ト デンジ カンショウ
書名別名 Seitainai uekomi debaisu kanja to denji kansho
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 2007.6
ページ数 447p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7792-0141-7
NCID BA82950311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想