リスク社会の危機管理

村井友秀, 真山全 編著

[目次]

  • 第1部 組織と危機管理(政策における科学と価値-アリストテレスの知の復権
  • 昭和前期の戦争指導機構に関する組織類型論的考察-危機管理に適した組織特性とは
  • 企業の持続的成長と危機管理 ほか)
  • 第2部 安全保障と経済学(テロリズムの経済学的分析-合理的個人による思想と行動の過激化について
  • グローバル公共財としての地球秩序の生成と崩壊過程の解明
  • 格差社会と軍事支出 ほか)
  • 第3部 社会的リスクと法的秩序(安全保障理論としての立憲主義-「国家からの自由」と「国家による自由」の狭間で
  • 婚外子(非嫡出子)の法定相続分
  • 国際法秩序と「国家行為免責」理論、軍律-国際法における上官命令抗弁 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク社会の危機管理
著作者等 村井 友秀
真山 全
書名ヨミ リスク シャカイ ノ キキ カンリ
シリーズ名 安全保障学のフロンティア : 21世紀の国際関係と公共政策 2
出版元 明石書店
刊行年月 2007.3
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-2535-4
NCID BA81592205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想