時の中心 : ルカ神学の研究

コンツェルマン 著 ; 田川建三 訳

[目次]

  • 目次
  • 初版への序文 / p1
  • 第三版への序文 / p3
  • 序論 / p13
  • 第一部 ルカ福音書講成要素としての地理的表象 / p30
  • 第一章 洗礼者ヨハネ / p30
  • 一 場所 / p30
  • 二 ルカによる洗礼者の本質 / p38
  • 第二章 イエスの道 / p48
  • 一 ガリラヤ / p48
  • 二 旅行 / p103
  • 三 エルサレム / p126
  • 第二部 ルカの終末論 / p162
  • 第一章 問題設定 / p162
  • 第二章 ルカと終末 / p167
  • 一 二つの概念 / p167
  • 二 福音書の資料(ルカ一七・二〇以下、二一章を除く) / p172
  • 三 神の国 / p193
  • 四 ルカ一七・二〇以下 / p204
  • 五 ルカ二一章 / p212
  • 六 エルサレムと終末 / p225
  • 七 結論 / p230
  • 第三部 神と救済史 / p232
  • 第一章 前提-この世における教会の状況 / p232
  • 一 政治的護教論 / p233
  • 二 教会とユダヤ教 / p243
  • 三 結論 / p248
  • 第二章 救済史の遂行 / p251
  • 一 救済史的思惟の型 / p251
  • 二 神の計画 / p253
  • 三 選び / p259
  • 四 敵対者 / p263
  • 第三章 過去 / p265
  • 一 聖書 / p265
  • 二 イスラエル / p274
  • 三 世界史 / p282
  • 第四部 歴史の中心 / p285
  • 序説 / p285
  • 第一章 神とイエス・キリスト / p287
  • 一 キリスト論的称号について / p287
  • 二 父、子、霊 / p291
  • 第二章 時の中心 / p310
  • 一 歴史におけるイエスの位置 / p310
  • 二 歴史現象としてのイエスの生涯 / p312
  • 第三章 イエスの生涯 / p315
  • 一 イエスと世界 / p315
  • 二 イエスの言葉と行為 / p319
  • 三 活動 / p324
  • 四 受難 / p332
  • 五 復活と昇天 / p337
  • 第五部 人間と救済(教会) / p345
  • 序説 / p345
  • 第一章 教会 / p349
  • 一 創始期 / p349
  • 二 継続 / p355
  • 第二章 使信のにない手 / p360
  • 第三章 使信 / p365
  • 第四章 救済を受ける人間 / p377
  • 一 悔改め / p377
  • 二 キリスト教生活 / p388
  • 訳注 / p393
  • 解説 / p404
  • 参考文献 / p1
  • 新約聖書引用個所索引 / p13
  • 人名索引 / p26

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 時の中心 : ルカ神学の研究
著作者等 Conzelmann, Hans
田川 建三
コンツェルマン
書名ヨミ トキ ノ チュウシン : ルカ シンガク ノ ケンキュウ
書名別名 Toki no chushin
出版元 新教出版社
刊行年月 1965
版表示 オンデマンド版
ページ数 417p
大きさ 19cm
ISBN 440010771X
NCID BA75792221
BN08191837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65010103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想