ロダンの言葉

ロダン 著 ; 高村光太郎 訳

その詩業において不可欠である智恵子の存在と同様、光雲の嗣子として生まれ彫刻家の運命を定められた高村光太郎にとって巨匠オーギュスト・ロダンとの出会いは、天啓にもひとしいものだったにちがいない。「ランスの本寺」に始まり手稿、聞書を翻訳編纂することは自らの芸術観を確立するための必然的な作業でもあった。そして本書は若い芸術家たちに歓呼で迎えられた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロダンの藝術(ユージェヌカリエール)
  • ロダン手記(ヴェヌス
  • 中世期藝術への入門-原則
  • フランスの自然
  • ランスの本寺
  • 夜の本寺
  • 本寺別記
  • 断片
  • 手紙)
  • ジュヂトクラデル筆録
  • ポールグゼル筆録(肉づけ
  • 藝術に於ける神秘
  • 芸術に於ける動静
  • 断片)
  • カミーユモークレール筆録
  • フレデリクロートン筆録(古代藝術の教訓
  • 断片)
  • ロダンの手帳(クラデル編)(昔の仕事場と今日の学校
  • 構造と肉づけ
  • 古代藝術の伝統的法則)
  • 若き藝術家達に(遺稿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロダンの言葉
著作者等 Rodin, Auguste
高村 光太郎
書名ヨミ ロダン ノ コトバ
書名別名 Rodan no kotoba
シリーズ名 現代日本の翻訳
講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.5
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-198477-6
NCID BA8186249X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21232360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想