マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学

岩間暁子, ユ・ヒョヂョン 編著

マイノリティということばは新聞などでも頻繁に用いられる。では、それが一体どういう人たちのことを指しいるのかとなると、混乱した用いられ方がなされているという実情がある。本書は「マイノリティ」を所与としてとらえずに国際比較を通して概念そのものを問い直し、同時に各国における歴史的社会的背景や政策との関連も検討したうえで、日本社会が今後どのようにマイノリティと向き合うかについて考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「マイノリティ」をめぐる世界-本書の課題と意義
  • 第1部 「マイノリティ」とは何か-各国におけるとらえ方とその背景(日本におけるマイノリティ-概念の拡散とその社会的背景
  • 日本の法制度におけるマイノリティ
  • フランスにはなぜマイノリティがいないのか-「共和国」の虚実
  • ドイツにおけるマイノリティ概念と政策-「少数民族」を中心とした意味の生成と変化
  • アメリカにはなぜ多様なマイノリティが存在するのか-概念の「拡散」とアファーマティブ・アクション
  • ロシア・ソ連における「少数民族」-概念変遷の政治社会史
  • 韓国・中国におけるマイノリティ対応語とその政治社会的含意)
  • 第2部 マジョリティ‐マイノリティ関係の諸相-日本とヨーロッパにおけるあゆみと現状(近代日本文学とアイヌ民族-純血幻想をこえて
  • 日系ブラジル人若年層における就労の経験-織り込まれた移住サイクル
  • 日本におけるイスラーム教徒の歴史と現在-マイノリティを考察する視点から
  • 「オロチョン・ラーメン」はなぜ辛い?-日露にまたがる、ある「少数民族」のなまえをめぐる社会史
  • 地域語と外国語の間-アルザスにおける「ドイツ語」の教育をめぐって
  • わからないことばとどうつきあうか-ドイツ東部のソルブ語地域におけるマジョリティとマイノリティ言語)
  • マイノリティ概念の政治的社会的背景-日本における民族イメージによせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学
著作者等 中力 えり
児島 明
劉 孝鐘
小林 正典
岩間 暁子
木村 護郎クリストフ
村井 紀
松枝 到
ユ ヒョヂョン
書名ヨミ マイノリティ トワ ナニカ : ガイネン ト セイサク ノ ヒカク シャカイガク
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 124
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.5
ページ数 451p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-04872-4
NCID BA81798095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21236502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「オロチョン・ラーメン」はなぜ辛い? : 日露にまたがる、ある「少数民族」のなまえをめぐる社会史 ユ・ヒョヂョン
「マイノリティ」をめぐる世界 : 本書の課題と意義 ユ・ヒョヂョン, 岩間 暁子
わからないことばとどうつきあうか : ドイツ東部のソルブ語地域におけるマジョリティとマイノリティ言語 木村 護郎クリストフ
アメリカにはなぜ多様なマイノリティが存在するのか : 概念の「拡散」とアファーマティブ・アクション 岩間 暁子
ドイツにおけるマイノリティ概念と政策 : 「少数民族」を中心とした意味の生成と変化 木村 護郎クリストフ
フランスにはなぜマイノリティがいないのか : 「共和国」の虚実 中力 えり
マイノリティ概念の政治的社会的背景 : 日本における民族イメージによせて ユ・ヒョヂョン, 岩間 暁子
ロシア・ソ連における「少数民族」 : 概念変遷の政治社会史 ユ・ヒョヂョン
地域語と外国語の間 : アルザスにおける「ドイツ語」の教育をめぐって 中力 えり
日本におけるイスラーム教徒の歴史と現在 : マイノリティを考察する視点から 松枝 到
日本におけるマイノリティ : 概念の拡散とその社会的背景 岩間 暁子
日本の法制度におけるマイノリティ 小林 正典
日系ブラジル人若年層における就労の経験 : 織り込まれた移住サイクル 児島 明
近代日本文学とアイヌ民族 : 純血幻想をこえて 村井 紀
韓国・中国におけるマイノリティ対応語とその政治社会的含意 ユ・ヒョヂョン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想