公共政策の分析視角

大木啓介 編 ; 丸尾直美, 上條末夫, 安章浩, 荘発盛, 堀之内敬 著

「政策決定に関する研究」かつ「政策決定のための研究」であるという学問的多様性-いま政治学分野において最も注目を集めている公共政策研究に関し、その学としての方法・態様の整序を行うと共に、今日の焦点・公共性と市場的効率の問題を見据えつつ、現下の具体的諸課題につき、理念と実際を統合し多角的に切り込んだ意欲的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 公共政策と公的部門の市場的経営-公共性と効率を両立させる道
  • 第2章 政治参加による公共政策の形成-選挙政策と政治改革の論理
  • 第3章 公共政策の行政経営的展開-イギリス・ブレアリズムの分析を通じて
  • 第4章 公共政策による人材育成-貿易パターンおよび頭脳流出に与える影響
  • 第5章 移植医療の公共政策-造血幹細胞移植に関する新規立法の必要性
  • 第6章 公共政策分析の方法と態様-比較政治学の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共政策の分析視角
著作者等 上条 末夫
丸尾 直美
堀之内 敬
大木 啓介
安 章浩
荘 発盛
上條 末夫
書名ヨミ コウキョウ セイサク ノ ブンセキ シカク
出版元 東信堂
刊行年月 2007.3
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88713-746-2
NCID BA81743978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21234571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想