マス・コミュニケーション理論 : メディア・文化・社会  上

スタンリー・J.バラン, デニス・K.デイビス 著 ; 宮崎寿子 監訳 ; 李津娥, 李光鎬, 鈴木万希枝, 大坪寛子 訳

メディアの力、メディアの役割とは。「メディアに対するクリティカルな視点を育む」ために-マスコミ理論の系譜に分け入り、メディアと社会、そして人間の関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 マス・コミュニケーション理論序論(マス・コミュニケーション理論概論
  • マス・コミュニケーション理論)
  • 第2部 大衆社会と大衆文化の時代(メディア産業の成長と大衆社会論
  • プロパガンダ時代におけるメディア理論の進展
  • マス・コミュニケーションの規範理論)
  • 第3部 限定効果論の登場と崩壊(限定効果論の登場
  • 中範囲理論による限定効果パラダイムの統合
  • 支配的なパラダイムへの挑戦-子ども、システム、効果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マス・コミュニケーション理論 : メディア・文化・社会
著作者等 Baran, Stanley J
Baran, Stanley J.
Davis, Dennis K
Davis, Dennis K.
宮崎 寿子
李 光鎬
李 津娥
鈴木 万希枝
デイビス デニス・K.
大坪 寛子
バラン スタンリー・J.
書名ヨミ マス コミュニケーション リロン : メディア ブンカ シャカイ
書名別名 Mass communication theory. (第3版)

Masu komyunikeshon riron
巻冊次
出版元 新曜社
刊行年月 2007.5
ページ数 315p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1050-0
NCID BA81835635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21234310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想