来たるべきデリダ

アラン・バディウ, スラヴォイ・ジジェク, ジャック・ランシエール, エティエンヌ・バリバール, ジャン=リュック・ナンシー, G.C.スピヴァク, ドゥルシラ・コーネル, J.ヒリス・ミラー, コスタス・ドゥージナス 著 ; 藤本一勇 監訳 ; 澤里岳史, 茂野玲 訳

未来の"歓待"のために。その思想本来の政治性・闘争性を回復させ、新たな可能性を汲みあげる-世界で考えられる限り最良の思想家たちによる決定的デリダ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • デリダの追悼文
  • 1 最小限差異(ジャック・デリダへのオマージュ
  • 差延への回帰の請願(マイナーな「自分の家のために」をともなって))
  • 2 単独的普遍性(民主主義は何かを意味するのか
  • "普遍的なもの"の構築と脱構築-ジャック・デリダの感覚的確信
  • マッド・デリダ-思考と狂気の事実そのものから)
  • 3 他なるもの(ジャック・デリダへの謝辞に向けたノート
  • デリダ-未来の贈り物
  • レイト・デリダ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 来たるべきデリダ
著作者等 Badiou, Alain
Balibar, Etienne
Cornell, Drucilla
Douzinas, Costas
Miller, J. Hillis
Nancy, Jean-Luc
Rancière, Jacques
Spivak, Gayatri Chakravorty
Žižek, Slavoj
沢里 岳史
茂野 玲
藤本 一勇
ドゥージナス コスタス
書名ヨミ キタルベキ デリダ : レンゾク コウエン ツイトウ デリダ ノ キロク
書名別名 Adieu,Derrida

連続講演「追悼デリダ」の記録

Kitarubeki derida
出版元 明石書店
刊行年月 2007.3
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-2492-0
NCID BA81331347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21253175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
〈普遍的なもの〉の構築と脱構築 エティエンヌ・バリバール
ジャック・デリダへのオマージュ アラン・バディウ
ジャック・デリダへの謝辞に向けたノート G.C.スピヴァク
デリダ ドゥルシラ・コーネル
デリダの追悼文 コスタス・ドゥージナス
マッド・デリダ ジャン=リュック・ナンシー
レイト・デリダ J.ヒリス・ミラー
他なるもの
単独的普遍性
差延への回帰の請願 スラヴォイ・ジジェク
最小限差異
民主主義は何かを意味するのか ジャック・ランシエール
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想