聖戦のイコノグラフィ : 天皇と兵士・戦死者の図像・表象

川村邦光 著

「聖戦」としてのアジア・太平洋戦争下で、天皇の身体はどのように表象されたのか-。百点を超える図像=イコノグラフィから「聖戦と弔い」の戦争プロパガンダの実態を照らし出し、天皇・兵士・戦死者の交差点で浮上する「死へと誘う表象」の権力性を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 視覚史料/資料としての"聖戦"の図像
  • 第2章 聖戦のディスクールと図像(聖戦の出現
  • 天皇の聖戦勅語 ほか)
  • 第3章 聖戦に降臨する現人神の図像(天皇と皇后のジェンダー写真
  • 四パターンの天皇図像 ほか)
  • 第4章 聖戦に殉ずる皇軍兵士の図像(皇軍勇士の登場
  • 陸海軍の軍神の誕生 ほか)
  • 第5章 敗戦後、天皇イコンの行方(益荒男と手弱女のイコン
  • 天皇の衣更え ほか)
  • 第6章 聖戦の痕跡としての皇軍兵士の図像(聖戦の痕跡となる遺影
  • 皇軍兵士の晴れの記念写真 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖戦のイコノグラフィ : 天皇と兵士・戦死者の図像・表象
著作者等 川村 邦光
書名ヨミ セイセン ノ イコノグラフィ : テンノウ ト ヘイシ センシシャ ノ ズゾウ ヒョウショウ
書名別名 Seisen no ikonogurafi
シリーズ名 越境する近代 1
出版元 青弓社
刊行年月 2007.4
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-2020-2
NCID BA81787055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21231999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想