現場としての政治学

市川太一, 梅垣理郎, 柴田平三郎, 中道寿一 編著

現実の政治は、他の社会領域と幾重にも結びついた重層的な現象として立ち現れる。さまざまな「現場」における格闘を通じて現代の政治および政治学の諸相を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政治の現場・政治学の現場
  • 第1部 現代政治の現場(信頼喪失の時代と国民の意識の変化
  • 琉球レビューと額縁ショー
  • 持続可能な発展が意味するもの
  • 市民文化論の統合的機能-現代政治理論の「自己正当化」について
  • 北米における妊娠中絶手術に関する政治学的考察-米国とカナダの対比から ほか)
  • 第2部 政治思想の現場(福沢諭吉における比較政治学の位相-政体論を巡って
  • 石川三四郎自叙伝覚書
  • ニヒリズムと政治的ラディカリズムとの間-丸山真男の生の哲学序説
  • 小河滋次郎とその時代
  • ハンナ・アレントにおける政治的思考の場-"非時間の小径"と公的空間再興の物語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現場としての政治学
著作者等 中道 寿一
市川 太一
柴田 平三郎
梅垣 理郎
書名ヨミ ゲンバ ト シテノ セイジガク
書名別名 Genba to shiteno seijigaku
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2007.3
ページ数 337p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-1919-1
NCID BA81606387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21231996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想