アメリカン・グローバリズム : 水平な競争と拡大する格差

中本悟 編

アメリカにとって水平な競争の場の創出が、現在進行中のグローバリゼーションだ。このアメリカン・グローバリズムが進める格差拡大と逆フラット化する内外構造を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アメリカン・グローバリズム:展開と対立の構造
  • 第1部 アメリカン・グローバリズムの国内的文脈(IT革命、グローバリゼーションと雇用システム
  • 財政思想の変化と財政政策の展開-ニューディール政策から1990年代の財政黒字化まで
  • 「ニューエコノミー」と租税政策
  • 市場型金融システムとアメリカ商業銀行の復活)
  • 第2部 アメリカン・グローバリズムの最先端(アメリカの軍事技術開発と対日「依存」
  • オフショアリングの進展と雇用問題
  • アメリカのサービス貿易と多国籍企業)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカン・グローバリズム : 水平な競争と拡大する格差
著作者等 中本 悟
書名ヨミ アメリカン グローバリズム : スイヘイナ キョウソウ ト カクダイスル カクサ
書名別名 American globalism

Amerikan gurobarizumu
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2007.4
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-1929-0
NCID BA81571271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21233104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想