弁膜症を解く

山本一博, 別府慎太郎 編

虚血性心疾患、心不全、不整脈というキーワードでは、多くの大規模臨床試験が行われてエビデンスも集まっておりますが、それに比べ弁膜症というキーワードでの観察研究、あるいは治療法に関する介入試験は少なく、必ずしもEBMの実践が容易な分野ではありません。つまり、わかっているようでわかっていないことが多い分野です。そこで、本書では現時点でわかっていることをもとに、最新の考え方を日常診療に即した形で提示しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(心臓弁の解剖
  • 弁膜症における心臓の代償機構
  • 弁膜症の診断
  • 弁膜症患者の管理
  • 治療)
  • 2 各論(大動脈弁疾患
  • 僧帽弁疾患
  • 連合弁膜症の治療方針
  • 三尖弁、肺動脈弁疾患
  • 感染性心内膜炎)
  • 付録 ガイドラインの見方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁膜症を解く
著作者等 別府 慎太郎
山本 一博
吉川 純一
書名ヨミ ベンマクショウ オ トク
書名別名 Benmakusho o toku
シリーズ名 新・心臓病診療プラクティス / 山本一博, 吉川純一, 笠貫宏, 土師一夫, 別府慎太郎, 松崎益徳 編 9
出版元 文光堂
刊行年月 2007.3
ページ数 375p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8306-1688-4
NCID BA81162024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21230924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想