憧れのブロンディ : 戦後日本のアメリカニゼーション

岩本茂樹 著

日本人の心を捉えて離さなかった漫画『ブロンディ』。日本は戦後、アメリカをいかに咀嚼し、受け容れてきたか。占領期の生活文化から考える日本の民主主義と異文化受容の様相。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 『ブロンディ』とは(『ブロンディ』誕生
  • 『ブロンディ』の内容分析
  • 社会階層と『ブロンディ』)
  • 第2部 敗戦直後の社会と『ブロンディ』(『ブロンディ』の日本上陸
  • 日本でのブロンディ像
  • 『ブロンディ』の社会的知覚とアメリカ)
  • 第3部 現代日本と『ブロンディ』(『ブロンディ』と家庭生活
  • 「家庭電化製品」普及のエネルギー
  • 日本の異文化受容をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憧れのブロンディ : 戦後日本のアメリカニゼーション
著作者等 岩本 茂樹
書名ヨミ アコガレ ノ ブロンディ : センゴ ニホン ノ アメリカニゼーション
書名別名 Akogare no burondi
出版元 新曜社
刊行年月 2007.3
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1045-6
NCID BA81570563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21227055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想