医療倫理

トニー・ホープ 著 ; 児玉聡, 赤林朗 訳・解説

安楽死などの従来の問題に加えて、新たに出現した医療問題を取り上げ、それらを合理的に考える手法をわかりやすく解説。考え方の筋道を吟味する(クリティカル・シンキング)訓練を行う、医療倫理の簡潔な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 医療倫理学がおもしろいわけ
  • 2 安楽死-優れた医療行為か、殺人か
  • 3 なぜ「統計上の」人々を過小評価すると多くの生命が失われるのか
  • 4 存在していない人々-少なくとも今のところは
  • 5 推論のための道具箱
  • 6 狂気についての矛盾した考え
  • 7 現代の遺伝学と伝統的な守秘義務の限界
  • 8 医学研究は新たな帝国主義か
  • 9 一般診療、貴族院に行く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療倫理
著作者等 Hope, R. A
Hope, Tony
児玉 聡
赤林 朗
ホープ トニー
書名ヨミ イリョウ リンリ
書名別名 Medical ethics

Iryo rinri
シリーズ名 1冊でわかる
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.3
ページ数 171, 21p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-026891-2
NCID BA81395408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想