現代の国際安全保障

村井友秀, 真山全 編著

[目次]

  • 第1部 新しい脅威と安全保障体制の変化(マイケル・ウォルツァーと正戦論という問題
  • 国連平和維持活動への要員提供に対する植民地化の影響
  • 試練に立つ核不拡散体制-核テロの脅威増大
  • 危機管理の現代的意義
  • 海上・港湾域におけるテロリズムとテロ対策)
  • 第2部 地域安全保障の新展開(冷戦後の米国安全保障戦略-その変遷と根源的課題
  • 冷戦後のNATO変容と米欧関係
  • ポスト冷戦期におけるロシアの対米政策-核軍縮と核不拡散をめぐって
  • 中東における地域主義の試みとその限界
  • 東アジアの紛争構造
  • 東南アジアのテロリズム-「第二戦線」論の虚像と実像
  • 冷戦後の日米関係)
  • 第3部 国際安全保障の歴史的検証(日本とドイツの軍事思想比較-統帥権独立の影響
  • 国際連盟と第一次上海事変-停戦交渉過程における軍事と外交のジレンマ
  • 日本とノルウェーとの比較防衛戦略-1980年代における脅威と抑止のグローバル化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の国際安全保障
著作者等 村井 友秀
真山 全
書名ヨミ ゲンダイ ノ コクサイ アンゼン ホショウ
シリーズ名 安全保障学のフロンティア : 21世紀の国際関係と公共政策 1
出版元 明石書店
刊行年月 2007.3
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-2530-9
NCID BA81383103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想