ルネサンス期イタリア社会

森田鉄郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一部 ルネサンスとは何か-主としてその時代性をめぐって- / p1
  • ブルクハルトのルネサンス観 / p1
  • ルネサンス人のルネサンス文化観 / p3
  • ルネサンスという用語の普及と中世暗黒説 / p8
  • 総合的ルネサンス観の成立 / p13
  • ブルクハルトを越えて / p15
  • 文化連続説の成立 / p18
  • ルネサンスの根掘り論 / p21
  • ゴシックにルネサンスの源流を求めて / p25
  • 複数主義 / p28
  • ルネサンスの近代に対する意義をめぐって / p32
  • イタリア ルネサンスの意義の再評価 / p36
  • リソルジメントとルネサンス / p39
  • 最近の論調 / p42
  • なおつきぬ論争 / p48
  • サボーリによる新しい時代づけ / p52
  • カタラーノとロペスの主張 / p57
  • ルネサンスの商人像 / p62
  • ルネサンス初期と盛期との文化性格の違い / p66
  • 社会経済史的研究の意義 / p71
  • 第二部 ルネサンスの社会経済史的背景 / p75
  • I ルネサンス期イタリアの経済をめぐる諸説 / p75
  • イタリア中世都市の繁栄とルネサンス-その一 / p75
  • イタリア中世都市の繁栄とルネサンス-その二 / p81
  • ヴィオランテの主張 / p86
  • 資本主義の到来とルネサンス / p90
  • 産業資本主義の形成を説く諸見解 / p96
  • ルネサンス経済資本主義説への疑問 / p99
  • 地理上の発見はイタリア経済の衰因ではない / p103
  • 十六-七世紀になお栄えるイタリア経済 / p108
  • 絹織物工業の導入とその隆昌 / p117
  • ルネサンス経済衰退説への疑問 / p124
  • メチェナティズモとルネサンス / p128
  • 富の集中と有閑層の形成 / p134
  • II ルネサンス期イタリア織布工業の性格 / p139
  • 織布工業がイタリアの工業の代表する / p139
  • フィレンツェ毛織物工業の発端 / p142
  • ヘルメスによるドーレン批判 / p152
  • ラーナの織元の社会的性格 / p157
  • ラーナのソットボスティ / p165
  • 織元と直接生産労働者との関係 / p173
  • フィレンツェのアルテの性格 / p179
  • ラーナのアルテによる産業規制 / p183
  • ラーナの製品販売における仲介人制度 / p193
  • いわゆる「チオンビの乱」の性格 / p198
  • 絹織物工業も問屋制で / p206
  • フィレンツェ絹織物工業の実態-その一 / p211
  • フィレンツェ絹織物工業の実態-その二 / p217
  • フィレンツェ織布工業の性格をめぐって / p223
  • ツンフト的工業への退行 / p232
  • イタリアの織布工業が衰退した理由 / p239
  • III ルネサンス期イタリア社会の特殊性 / p243
  • 中世イタリア都市国家の歴史的性格 / p243
  • イタリア中世都市の特殊性 / p249
  • 中世イタリア農村社会の特殊性 / p258
  • 市民的土地所有の形成 / p266
  • 集団的農奴解放 / p273
  • 支配的農制としてのメッヅァドゥリーア / p277
  • 都市の食糧補給政策の悪影響 / p291
  • 財閥の性格 / p299
  • 僣主政の成立と知的貴族主義 / p303
  • むすび / p313
  • 略年表 / p320
  • 参考文献 / p331
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ルネサンス期イタリア社会
著作者等 森田 鉄郎
書名ヨミ ルネサンスキ イタリア シャカイ
書名別名 Runesansuki itaria shakai
シリーズ名 ユーラシア文化史選書 ; 9
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1967
版表示 3刷
ページ数 341p 図版 地図
大きさ 20cm
ISBN 4642080090
NCID BN01855225
BN05824926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想