技術革新と景気変動 : 初等経済学講義

緑川敬 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 本書の構成 / p1
  • 第一部 国民所得分析
  • 第一章 経済学の主題 / p4
  • 第一節 経済の運動法則 / p4
  • 第二節 分析用具としての経済学 / p7
  • 第三節 主題の選択 / p10
  • 第四節 資本主義経済の史的発展 / p13
  • 第二章 経済理論 / p20
  • 第一節 理論の意味 / p20
  • 第二節 巨視分析と微視分析 / p23
  • 第三節 実物的分析と貨幣的分析 / p27
  • 第四節 経済モデルの構成 / p30
  • 第三章 国民所得の基礎理論 / p36
  • 第一節 循環的流れ / p36
  • 第二節 国民所得の諸概念 / p38
  • 第三節 国民所得方準の変動 / p43
  • 第四節 国民所得水準の決定要因 / p47
  • 第五節 国民所得水準の決定機構 / p64
  • 第六節 産出高と雇用 / p68
  • 第二部 景気変動の分析
  • 第四章 景気変動の形態 / p73
  • 第一節 運動の解析 / p73
  • 第二節 経済現象における運動 / p76
  • 第三節 恐慌と景気変動 / p78
  • 第四節 景気診断 / p81
  • 第五節 時系列の統計解析 / p83
  • 第六節 景気変動の局面 / p85
  • 第七節 景気変動の理論課題 / p87
  • 第五章 乗数と加速度の原理 / p89
  • 第一節 乗数 / p90
  • 第二節 加速度の原理 / p103
  • 第三節 乗数と加速度の交互作用 / p118
  • 第六章 国民所得分析と景気変動 / p122
  • 第一節 累積的拡張の過程 / p124
  • 第二節 拡張過程の限界-上方転回点- / p137
  • 第三節 累積的縮少の過程 / p141
  • 第四節 縮少過程の限界-下方転回点- / p145
  • 第三部 経済変動の諸問題
  • 第七章 均衡経済学と経済変動-技術革新の理論- / p148
  • 第一節 経済の定常的流れ / p148
  • 第二節 経済変化の内的要因と外的要因 / p152
  • 第三節 革新の純理論 / p155
  • 第四節 革新の二次現象-四局面積環- / p186
  • 第八章 経済成長と景気変動-循環的成長理論- / p200
  • 第一節 近代的経済成長理論 / p201
  • 第二節 循環的成長理論 / p212
  • 第九章 技術革新と景気変動 / p231
  • 第一節 技術革新の小史 / p232
  • 第二節 日本経済の現状 / p245
  • 第三節 結語 / p250
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 技術革新と景気変動 : 初等経済学講義
著作者等 緑川 敬
書名ヨミ ギジュツ カクシン ト ケイキ ヘンドウ : ショトウ ケイザイガク コウギ
書名別名 Gijutsu kakushin to keiki hendo
出版元 日新
刊行年月 1959
ページ数 252p
大きさ 22cm
NCID BA3047720X
BN05191262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59004833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想