中学受験合格の決め手は「家庭内文化力」だ!

篠上芳光 著

指導歴25年。マスコミで話題の「エリート養成塾」代表が受験に成功する家庭の秘訣30を伝授する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 優秀な子ども、ダメな子どもは親次第-「心」を育て、「知識」をしっかりと詰め込む教育は、家庭でしかできない。感動と感性に満ちあふれた家庭が、優秀な子どもを育てる。(「教育」を人生の総仕上げの仕事に選んだ、名経営者
  • 優秀な人間はDNAではなく、「教育」によって決まる ほか)
  • 第1章 隣の子どもは、どうして合格したのか?合格の秘密10のポイント-誰もが正答する問題はできて当たり前。合格するには、「知的好奇心」「想像力」「応用力」をアップさせる「親子の日常会話」と「家の手伝い」が基本。(早い時期から勉強を始めても、中学受験に失敗することがある
  • どこの「学校」に入れるか、どのような「職業」に就いたらよいのかではなく、「一流の人間」にしようと思って、日々の子育てをする ほか)
  • 第2章 「家庭内文化力」を高める普段の生活10のポイント-子どもを子ども扱いしない生活で、難関を突破する受験生を育てよう。たとえば童話より、親の愛読書を読ませるほうが役に立つ。(家庭環境が子どもの将来を決める
  • 子ども向けの本は、あまりにもやさしすぎて受験には役立たない ほか)
  • 第3章 絶対合格するための勉強法10のポイント-みんなと同じ勉強法では、1点差で不合格になるかもしれない。差をつけるのは「書籍の辞書」と大河ドラマ、旅行ガイドブック。ニュースと天気予報も必見!(子どもの自主性が、学習能力アップの決め手になる
  • 「計算」「漢字」などの基礎トレーニングを習慣化し、毎日同じ時刻に短時間で行なう。小さな努力はやがて、大きな「差」になって現れる ほか)
  • 特別企画 公立中高一貫校「適性検査」の受験対策法-丸暗記派はダメ。親や塾の講師に従っているだけでもダメ。日常生活の中でしっかりとした思考力と記述力を育てた、本当に賢い子どもだけが合格する。(説明会には、数千人の親たちが集まる
  • 知識量ではなく、思考力・説明力・表現力が問われる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中学受験合格の決め手は「家庭内文化力」だ!
著作者等 篠上 芳光
書名ヨミ チュウガク ジュケン ゴウカク ノ キメテ ワ カテイナイ ブンカリョク ダ
出版元 実業之日本社
刊行年月 2007.3
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-408-32336-7
全国書誌番号
21214606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想