内部統制とは、こういうことだったのか : 会社法と金融商品取引法が求めるもの

國廣正, 小澤徹夫, 五味祐子 著

会社はシステム構築に多額を費やし、社員は文書化で疲れ果てている。自分のアタマで考える内部統制のための"基本の書"。内部統制パニックから抜けだそう-頭を冷やせ!本当に役に立つ内部統制にする-オーダーメイドの内部統制を!自信の持てる内部統制を実現しよう-ここまでやれば大丈夫!の三つの切り口からアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題な内部統制
  • 第2章 リスク管理について考える
  • 第3章 内部統制を会社法から考えてみよう
  • 第4章 取締役の内部統制についての責任を理解する
  • 第5章 どこまでやるのか金融商品取引法対応
  • 第6章 物語でみる内部統制の実務

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内部統制とは、こういうことだったのか : 会社法と金融商品取引法が求めるもの
著作者等 五味 祐子
國廣 正
小澤 徹夫
書名ヨミ ナイブ トウセイ トワ コウイウ コト ダッタノカ : カイシャホウ ト キンユウ ショウヒン トリヒキホウ ガ モトメル モノ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2007.3
ページ数 289p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-31317-3
NCID BA81507352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21212240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想