女性詩史再考

新井豊美 著

「女性詩の時代」と呼ばれた80年代初頭から20年余を経て、「女性詩」という言葉そのものの枠組みが解体され、質的変化を遂げつつある。…そこにあらたに開かれてゆく性差を超えた世界のひろがりを予感する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発-与謝野晶子
  • 新体詩と『みだれ髪』
  • 『みだれ髪』の美学
  • 祝祭と日常の裂け目
  • 口語詩の時代へ-米澤順子
  • 大正期-高群逸枝と深尾須磨子
  • 昭和初期-左川ちか
  • モダニズム詩と女性たち
  • アナーキーな感性-林芙美子
  • 詩とエロス-森三千代
  • 自我の桎梏-永瀬清子
  • 「女」というパラダイムの変容-戦後女性詩の四十年
  • 生成する空白-脱「女性詩」への九〇年代
  • 内包された都市
  • 若い「女性詩」の現在-多様性の中の分岐点
  • 批評の文体について
  • 詩を躍動させる言葉
  • 「女性詩」、この記念碑的名称へのオマージュ
  • 展望-一九八〇年代までのまとめとして
  • 不透明さの中の多様性-一九九〇年代以降の詩人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性詩史再考
著作者等 新井 豊美
書名ヨミ ジョセイ シシ サイコウ : ジョセイシ カラ ジョセイセイ ノ シ エ
書名別名 「女性詩」から「女性性の詩」へ

Josei shishi saiko
シリーズ名 詩の森文庫 E11
出版元 思潮社
刊行年月 2007.2
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7837-2011-9
NCID BA81532189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21210804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想