禅と日本文化

鈴木大拙 著 ; 北川桃雄 訳

禅は日本人の性格と文化にどのような影響をおよぼしているか。そもそも禅とは何か。本書は、著者が欧米人のためにおこなった講演をもとにして英文で著わされたものである。一九四〇年翻訳刊行いらい今日まで、禅そのものへの比類なき入門書として、また日本の伝統文化理解への絶好の案内書として読みつがれている古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 禅の予備知識
  • 第2章 禅と美術
  • 第3章 禅と武士
  • 第4章 禅と剣道
  • 第5章 禅と儒教
  • 第6章 禅と茶道
  • 第7章 禅と俳句

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序 西田幾多郞 / 1
  • 原著者序 鈴木大拙 / 3
  • 第一章 禪の豫備知識 / 1
  • 第二章 禪と美術 / 12
  • 第三章 禪と武士 / 35
  • 第四章 禪と劍道 / 62
  • 第五章 禪と儒敎 / 101
  • 第六章 禪と茶道 / 121
  • 第七章 禪と俳句 / 149
  • 後記 / 191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 禅と日本文化
著作者等 北川 桃雄
鈴木 大拙
書名ヨミ ゼン ト ニホン ブンカ
シリーズ名 岩波新書 ; 第75
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和15
版表示 改版
ページ数 196p
大きさ 17cm
ISBN 4004000203
NCID BN01487187
BN00732434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46045751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想