現代経済新書  第1部 日本經濟論5

[目次]

  • 目次
  • 前編 商業機構の基本形態 / 1
  • 第一章 配給組織と其の再編成 / 3
  • 第一節 生產者から消費者への過程 / 3
  • 第二節 配給擔當者の任務 / 7
  • 第三節 三種の配給原理-自由配給、自主的統制配給、强制配給 / 11
  • 第四節 配給の諸形態と其の變革 / 18
  • 第二章 統制經濟と商業の意義 / 33
  • 第一節 配給職能の擔當者としての商業 / 33
  • 第二節 商業の分化と合成 / 37
  • 第三節 商業の經營形態 / 44
  • 第三章 商業統制の進展 / 51
  • 第一節 商業統制の必然性 / 51
  • 第二節 商業統制の方向 / 55
  • 後編 現代商業機構の趨勢 / 63
  • 第一章 社會經濟の發展と商業機構の變化 / 65
  • (1) 資本主義の上昇期並に沈滯期に於ける商人配給領域の變化 / 65
  • (2) 第一次世界大戰以後に於ける配給機構の變化 / 66
  • 第二章 產業組合 / 69
  • 第一節 產業組合運動と反產業組合運動 / 69
  • (1) 昭和初期の不況と產業組合運動に於ける重點の變化 / 69
  • (2) 反產業組合運動の擡頭と產業組合に對する反對の論點 / 72
  • (3) 產業組合側の主張 / 74
  • (4) 反產業組合運動の全國的展開 / 75
  • 第二節 產業組合配給と商人配給 / 77
  • (1) 農產物價格の低落と農家需要品の騰貴 / 77
  • (2) 商人配給の缺陷と產業組合の配給部面進出の不可避性 / 79
  • (3) 產業組合五ケ年計畫と產業組合配給の缺陷 / 81
  • (4) 事變と產業組合配給の變化(特殊會社と產業組合) / 84
  • (5) 事變下に於ける產業組合配給と商人配給 / 85
  • 第三章 中小商業問題と商業組合 / 93
  • 第一節 中小商業問題と中小商業の配給機能 / 93
  • (1) 中小商業者の量的過多 / 93
  • (2) 小賣商の零細化と半失業的狀態(東京市に於ける一例) / 96
  • (3) 小賣商の質的低下 / 99
  • (4) 配給機構に於ける中小商業存在の必要 / 100
  • 第二節 商業組合と配給統制 / 100
  • (1) 商業組合發生の理由 / 101
  • (2) 商業組合の設立と事業 / 102
  • (3) 商工組合中央金庫 / 103
  • (4) 商業組合聯合會、商業組合中央會 / 104
  • (5) 事變と商業組合の變化(昭和十三年の商業組合法の改正) / 104
  • (6) 商業組合の種類 / 107
  • (7) 商業組合の特典と制限 / 107
  • (8) 商業組合による配給統制の效果 / 108
  • 第四章 百貨店對小賣商問題 / 115
  • 第一節 百貨店對小賣商問題の發生 / 115
  • (1) 關東大震災後に於ける百貨店の大衆化 / 115
  • (2) 百貨店の進出 / 116
  • (3) 百貨店發展の理由 / 119
  • 第二節 百貨店對小賣商問題の論點並に百貨店配給の優位 / 120
  • (1) 百貨店對小賣商問題に於ける兩者の主張 / 120
  • (2) 配給系統に於ける百貨店の優位 / 124
  • (3) 商品券その他に於ける百貨店の優位 / 126
  • 第三節 百貨店對小賣商問題の發展と百貨店の統制 / 128
  • (1) 百貨店の擴張、進出、サーヴィスと小賣商への重壓 / 128
  • (2) 都市小賣商業に於ける百貨店川の販賣率 / 130
  • (3) 百貨店の自主的統制と商品券取締法 / 130
  • (4) 百貨店の法的統制(百貨店法の制定) / 133
  • (5) 事變による百貨店統制の重壓 / 134
  • 第五章 事變と配給機構の變化 / 139
  • (1) 物資の不足と低物價政策に伴ふ配給機構の變化 / 139
  • (2) 配給機構に於ける問屋、卸商の地位の變化 / 140
  • (3) 配給機構に於ける經營の合理化としての合同 / 141
  • (4) 事變による配給機構と配給機能の變化 / 143

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代経済新書
書名ヨミ ゲンダイ ケイザイ シンショ
書名別名 Gendai keizai shinsho
巻冊次 第1部 日本經濟論5
出版元 慶応出版社
刊行年月 昭和16
ページ数 7冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46037019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想