僭主政治について  下

レオ・シュトラウス 著 ; 石崎嘉彦, 飯島昇藏, 金田耕一 他訳

フランスのヘーゲル哲学者コジェーヴによるシュトラウス批判(「僭主政治と知恵」)に対して、シュトラウスが自らの立場を擁護して反論(「クセノフォン『ヒエロン』についての再説」)した世紀の大議論。「古典的合理主義の再生」をめざすシュトラウスの政治哲学が、コジェーヴとの往復書簡=対話の弁証法を通じていかに形成されたかが鮮明になる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 2 シュトラウス‐コジェーヴ論争(アレクサンドル・コジェーヴ「僭主政治と知恵」
  • レオ・シュトラウス「クセノフォン『ヒエロン』についての再説」)
  • 3 シュトラウス‐コジェーヴ往復書簡
  • 書簡集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僭主政治について
著作者等 Strauss, Leo
石崎 嘉彦
金田 耕一
面 一也
飯島 昇蔵
シュトラウス レオ
書名ヨミ センシュ セイジ ニ ツイテ
書名別名 On tyranny. (Rev.and expanded ed.)
巻冊次
出版元 現代思潮新社
刊行年月 2007.3
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-329-00448-2
NCID BA79866760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21198899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想