オリエント急行の時代

平井正 著

一八八三年十月、オリエント急行第一号列車がパリ・ストラスブール駅をコンスタンティノープル目指して発車した。車窓には統一間もないドイツ帝国や世紀末の香り漂うウィーン、東欧の大平原、そして没落の色濃いオスマン帝国。鉄道の実用化から半世紀。複雑きわまる国際関係を超え、人々の夢と憧れを乗せた豪華列車が、時代の大衆化と航空機の登場によってその役割を終えるまでを通して描く、もう一つのヨーロッパ現代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 発車の日
  • 第1部 開通記念列車(西ヨーロッパ快走-フランス・ドイツ・オーストリア
  • 東ヨーロッパ-ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア
  • オスマン帝国)
  • 第2部 その後の「オリエント急行」(第一次黄金時代
  • 二度の世界大戦を超えて)
  • エピローグ 観光列車としての「オリエント急行」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエント急行の時代
著作者等 平井 正
書名ヨミ オリエント キュウコウ ノ ジダイ : ヨーロッパ ノ ユメ ノ キセキ
書名別名 ヨーロッパの夢の軌跡

Oriento kyuko no jidai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.1
ページ数 288p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101881-6
NCID BA80248292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21208108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想