渋江抽斎

森鴎外 著

渋江抽斎(1805‐58)は弘前の医官で考証学者であった。「武鑑」収集の途上で抽斎の名に遭遇し、心を惹かれた鴎外は、その事跡から交友関係、趣味、性格、家庭生活、子孫、親戚にいたるまでを克明に調べ、生きいきと描きだす。抽斎への熱い思いを淡々と記す鴎外の文章は見事というほかない。鴎外史伝ものの代表作。改版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渋江抽斎
著作者等 森 鴎外
書名ヨミ シブエ チュウサイ
書名別名 Shibue chusai
シリーズ名 岩波文庫 ; 2477-2479
出版元 岩波書店
刊行年月 昭15
版表示 改版
ページ数 332p
大きさ 16cm
ISBN 4003100581
NCID BA41247132
BN0097806X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46045747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
渋江抽斎 森 鴎外
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想