日露陸戦新史

沼田多稼蔵 著

[目次]

  • 目次
  • 再刊の序 / 1
  • 序 / 3
  • 自序 / 5
  • 第一章 作戰計畫及び開戰 / 1
  • 第一 對露作戰の硏究 / 1
  • 第二 開戰 / 8
  • 第三 我軍の作戰計畫要旨 / 13
  • 第四 露軍の作戰計晝要旨 / 15
  • 第二章 開戰より四月下旬に至る情況 / 24
  • 第一 制海權の獲得及び第一軍の出征 / 24
  • 第二 第二軍上陸地の變更及び第三軍の編成準備 / 25
  • 第三 第一軍の前進 / 27
  • 第四 第二軍の上陸準備 / 28
  • 第三章 鳳凰城、岫巖、得利寺の占領 / 34
  • 第一 鴨綠江の戰鬪 / 34
  • 第二 第二軍の上陸及び第一軍の鳳凰城占領 / 35
  • 第三 金州半島の遮斷 / 36
  • 第四 南山附近の戰鬪 / 40
  • 第五 第二軍の北進準備、第三軍の派遣 / 41
  • 第六 六月中旬以後に於ける大本營の企圖 / 45
  • 第七 得利寺附近の戰鬪 / 51
  • 第四章 遼陽に向つてする前進計畫 / 53
  • 第一 大本營の計畫 / 53
  • 第二 各軍及び獨立第十師團の企圖 / 59
  • 第五章 滿洲軍の北進 / 61
  • 第一 滿洲軍の編成 / 61
  • 第二 第一軍の摩天嶺占領 / 62
  • 第三 第四軍の編成及び各軍戰鬪序列の變更 / 62
  • 第四 蓋平の占領及び七月上旬一般の情況 / 65
  • 第五 摩天嶺及び橋頭附近の戰鬪 / 67
  • 第六 旅順攻擊速進に關する海軍の要求及び前進陣地の攻擊 / 73
  • 第七 大石橋附近の戰鬪 / 76
  • 第八 樣子嶺及び楡樹林子附近の戰鬪 / 78
  • 第九 柝木城附近の戰鬪及び海城の占領 / 81
  • 第六章 遼陽附近の會戰及び旅順要塞第一囘攻擊 / 85
  • 第一 大本營の處置及び滿洲軍總司令官の情況判斷 / 85
  • 第二 旅順要塞第一囘攻擊 / 90
  • 第三 寒坡嶺、弓張嶺、浪子山附近の戰鬪 / 94
  • 第四 鞍山站附近の戰鬪 / 95
  • 第五 遼陽附近の攻擊 / 96
  • 第七章 沙河會戰及び旅順要塞正攻擊の開始 / 102
  • 第一 遼陽會戰後に於ける大本營の企圖及び補給 / 102
  • 第二 遼陽會戰後に於ける滿洲軍の整頓 / 113
  • 第三 旅順要塞正攻擊の開始並びに水師營南方及び龍眼北方堡壘の占領 / 118
  • 第四 沙河の會戰 / 120
  • 第八章 沙河對陣及び旅順要塞の攻略 / 130
  • 第一 旅順要塞第二囘攻擊 / 130
  • 第二 十一月中旬に於ける滿洲軍攻勢移轉の企圖、及び韓國西北境防備に關する大本營の處置 / 135
  • 第三 バルチック艦隊東航と旅順要塞第三囘攻擊 / 140
  • 第四 大本營の冬期攻勢移轉の企圖、及び滿洲軍冬期作戰計畫 / 155
  • 第五 旅順要塞の開城 / 157
  • 第九章 日本軍の決戰準備及び黑溝臺附近の會戰 / 161
  • 第一 鴨綠江軍の編成及び第三軍の編成替 / 161
  • 第二 結氷末期に於ける滿洲軍作戰計畫 / 163
  • 第三 黑溝臺附近の會戰 / 168
  • 第四 鴨綠江軍の集中完結並びに滿洲軍と鴨綠江軍と協定 / 169
  • 第五 北關方面の作戰開始並びに大本營の諸施設 / 172
  • 第十章 奉天會戰 / 177
  • 第一 滿洲軍攻擊準備 / 177
  • 第二 會戰の情況 / 180
  • 第十一章 奉天會戰後の情況 / 190
  • 第一 大本營の作戰方針 / 190
  • 第二 作戰方針に基く軍事施設 / 207
  • 第三 滿洲軍の整頓及び躍進 / 211
  • 第四 支作戰の情況 / 213
  • 第五 媾和談判開始前後の情況 / 214
  • 附圖
  • 第一 その一
  • 第一 その二
  • 第二

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日露陸戦新史
著作者等 沼田 多稼蔵
書名ヨミ ニチロ リクセン シンシ
書名別名 Nichiro rikusen shinshi
シリーズ名 岩波新書 ; 第78
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和15
ページ数 225p 図版
大きさ 17cm
全国書誌番号
46045757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想