藤田東湖の生涯と思想

大野慎 著

[目次]

  • 藤田東湖の生涯と思想
  • 目次
  • 皇道維新の推進勢力 / 1
  • 父幽谷の人と爲り / 5
  • 幽谷、義公精神を復活す / 9
  • 勤皇派佐幕派分裂の發端 / 14
  • 英才卓識天下無比 / 20
  • 東湖、父の志を繼ぐ / 24
  • 十九歲の決死事件 / 27
  • 若輩にして世に出る / 29
  • 藩主問題と東湖の決死的活動 / 32
  • 烈公に見出さる / 36
  • 烈公の參謀長格で勵む / 38
  • 名聲天下に昻まる / 41
  • 北日本經營に志す / 43
  • 幕府、烈公を敬遠 / 45
  • 妖僧奸黨等の陰謀 / 47
  • 烈公と共に幽閉せらる / 49
  • 小梅の獄に移さる / 52
  • 攘夷論の根本原理 / 55
  • 攘夷は反進化思想に非ず / 59
  • 忠孝一本の權化 / 64
  • 大震災の犠牲 / 69
  • 惜しまるゝ巨星の徃生 / 71
  • 東湖は子福者 / 75
  • 我子小四郞に囑望 / 77
  • 東洋唯一の酒聖 / 82
  • 獄中に邪氣と苦鬪 / 88
  • 危禍却つて著述せしむ / 93
  • 愛國心作興の『正氣歌』 / 95
  • 忠臣烈士を顯彰 / 103
  • 氣魄漲る名文『常陸帶』 / 109
  • 畢生の雄篇『弘道館記述義』 / 115
  • 國民道德の典範たる述義 / 121
  • 愛國受難者の手記『回天詩史』 / 126
  • 英靈後人を起たしむ / 128
  • 文雅實學を兼ねた全才 / 130
  • 橫井小楠の東湖評 / 134
  • 吉田松陰と水戶學 / 136
  • 東湖人材を物色す / 141
  • 東湖の陰囊問答 / 143
  • 有村俊齋と櫻田事變 / 147
  • 西鄕南洲を指導 / 153
  • 東湖は南洲の鈍重を愛す / 157
  • 南洲を後繼者と爲す / 159
  • 征韓論は尊攘論の飛躍 / 162
  • 土・肥兩藩との關係 / 164
  • 佐久間象山の開國論と東湖 / 167
  • 梅田雲濱と東湖 / 173
  • 山雨來らば傘捨てんとす / 174
  • 東湖の德川家康觀 / 176
  • 水戶學の大義名分 / 184
  • 何故佛敎を排したか / 188
  • 何故儒敎を崇めたか / 195
  • 皇風世界に振へ / 206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 藤田東湖の生涯と思想
著作者等 大野 慎
書名ヨミ フジタ トウコ ノ ショウガイ ト シソウ
出版元 一路書苑
刊行年月 昭和17
版表示 戦時普及版
ページ数 210p
大きさ 19cm
NCID BA45777218
BN09930222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46042475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想