亜細亜の柱

田郷虎雄 著

[目次]

  • 亞細亞の柱
  • 目次
  • われら八人
  • 春が來た / 1
  • ブルドツクとヰノシシ / 4
  • 東京から來てゐる子 / 11
  • 卒業したらどうする / 15
  • 七人のうちの五人は / 19
  • さきに歸つた二人は / 24
  • おとしあな / 30
  • 泥鰌筒をせおつた少年 / 34
  • 日本一の百姓になれ
  • 相川の小父さん / 42
  • 仲よしにも話せない出來事 / 46
  • 新太郞の決心 / 50
  • 雄策の希望 / 55
  • 父の志をついで / 60
  • お金を一圓五十錢も / 65
  • 硏介に貸した / 68
  • だが、その硏介は / 73
  • いきなり、ほツぺたを / 76
  • 血に染められた手帳
  • 早くも秋が來て / 84
  • 例のとほり、ほがらかな聲で / 87
  • 小父さんの話 / 91
  • 村のために立ちあがつた雄策の父 / 95
  • 父の最期 / 100
  • 日輪兵舍から
  • やまとばたらき / 105
  • うれしい食事喇叭 / 110
  • 夜は故鄕への便り / 115
  • 故鄕では / 120
  • その手紙 / 125
  • 西鄕隆盛に誓ふ
  • 思ひがけない小父さんの話 / 127
  • 上野行の切符 / 130
  • 內原につく / 136
  • 壯行式 / 146
  • 東京へ / 155
  • 家からの電報 / 160
  • 嵐と吹雪と母の病氣と
  • 病氣のもとは / 165
  • 木枯の音を聞きつゝ / 170
  • 借着 / 177
  • 卒業の日近いころ
  • 醫者になりたい / 188
  • 汝の敵を愛せよ / 195
  • 卒業の記念に / 203
  • 無名の英雄
  • 古い算術帳 / 207
  • 農業報國挺身隊 / 212
  • なにげなく拾つて來た算術帳 / 220
  • 榮ある卒業式 / 226
  • 挺身隊の結成式 / 233
  • 大陸の春
  • 遠足 / 238
  • お前は匪賊か / 244
  • 母のために草の根を掘る小孩 / 249
  • 藥か毒か / 255
  • 大空へ呼びかける / 263
  • 小さい朋友
  • どこへ行つたか小孩 / 275
  • 三枚の楡の落葉 / 282
  • 病める同志 / 292
  • 父親の國 / 300
  • 約束 / 307
  • 開墾
  • 雨に打たれながら / 314
  • 雨の中の訓 / 319
  • 勘太郞の名案 / 323
  • 金一も伯父さんも / 329
  • お國の糧を增すために / 333
  • 少年產業戰士
  • 「他人の飯」 / 342
  • 日本一の工員に / 348
  • 君も僕も / 352
  • 大陸の餅つき
  • 冬の日課 / 360
  • 衞兵勤務 / 366
  • 怪しい人影 / 370
  • その男との問答 / 380
  • 歸順 / 386
  • 少國民進軍歌 / 398
  • あとがき -特に讀者の指導者の方々に / 403

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 亜細亜の柱
著作者等 田郷 虎雄
書名ヨミ アジア ノ ハシラ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 昭和16
ページ数 568p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46034786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想