スピリチュアリティの興隆 : 新霊性文化とその周辺

島薗進 著

生きることの意味や拠りどころを求めて、あるいは喪失や苦しみに向き合うなかで、いま広範な人びとの眼差しがスピリチュアリティの世界に注がれている。伝統的な宗教の枠に収まりきらない多様な思索や発言、新しい行動様式を読み解きながら、現代日本における人びとの生き方や精神文化の変容の様相をとらえ、その意味を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新霊性文化をどうとらえるか(スピリチュアリティの興隆
  • ニューエイジか新霊性か
  • 新霊性文化と宗教伝統)
  • 2 生きる力の源泉を求めて(スピリチュアリティと「生きる力の源泉」
  • 教団的宗教の枠の中で
  • 「宗教」を超えて ほか)
  • 3 グノーシス主義と新霊性文化(グノーシスは神秘思想か
  • グノーシスと現代の物語
  • 新霊性文化とグノーシス主義 ほか)
  • 社会の個人化と個人の宗教化-ポストモダン(第二の近代)における再聖化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スピリチュアリティの興隆 : 新霊性文化とその周辺
著作者等 島薗 進
書名ヨミ スピリチュアリティ ノ コウリュウ : シン レイセイ ブンカ ト ソノ シュウヘン
書名別名 Supirichuariti no koryu
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.1
ページ数 314, 17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-001074-0
NCID BA80224410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21198593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想