ぼくはアメリカを学んだ

鎌田遵 著

日本の高校で落ちこぼれ、英語もできない若者がアメリカに渡る。ニューメキシコ州の最底辺といわれる先住民居留地で、生きた学問の必要を悟り、猛勉強の末、UCバークレー校に入学する…極端な差別社会アメリカで、なぜその奥底にさす微かな光に励まされてきたのか、先住民学を切り拓く若い研究者の目覚めへの旅の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカへの長い旅(中国-パキスタン編)
  • 第2章 アメリカへの長い旅(イラン-ヨーロッパ-東京編)
  • 第3章 新天地をもとめて
  • 第4章 逃げる民
  • 第5章 先住民の大地
  • 第6章 バークレーの日々
  • 第7章 メスカレロ・アパッチ族と核廃棄物
  • 第8章 漂流者たちの楽園
  • 第9章 「辺境」の民たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくはアメリカを学んだ
著作者等 鎌田 遵
書名ヨミ ボク ワ アメリカ オ マナンダ
シリーズ名 岩波ジュニア新書 556
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.1
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500556-7
NCID BA80097991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21185467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想