元禄文学研究

広末保 著

[目次]

  • 目次
  • 序にかえて
  • 元祿文學の成立をめぐる問題 / 1
  • 芭蕉
  • 一 芭蕉論 / 17
  • 1 ルンペン町人的生き方と亡命について / 17
  • 2 芭蕉の位置-人間形成の挫折をめぐって / 27
  • 3 談林の集團性と芭蕉の孤立性 / 37
  • 4 かなしみと風流の墟構 / 45
  • 二 芭蕉の傳統と近代化-俳諧の方法をめぐって / 55
  • 1 はじめに / 55
  • 2 芭蕉の精神と方法について / 57
  • 3 俳句の近代化について-子規と碧梧桐を中心に / 70
  • 4 俳句の近代化について-プロレタリア俳句以後と第二藝術論 / 85
  • 三 風流と俳諧性 / 97
  • 西鶴
  • 一 西鶴論の再檢討について / 113
  • 二 俳諧から浮世草子への展開 / 119
  • 三 好色一代男論 / 131
  • 1 その成立の時點について / 131
  • 2 浮世草子ジャンルの成立と方法 / 138
  • 3 ロマンの挫折-好色生活と町人生活の分裂 / 160
  • 四 西鶴・浮世草子の展開-その素描 / 171
  • 1 二代男-五人女-一代女 / 171
  • 2 日本永代藏-世間胸算用-西鶴置土產 / 180
  • 近松
  • 一 近松論 / 193
  • 1 はじめに / 193
  • 2 近松の世話物のテーマ / 198
  • 3 語り物の傳統と近松の悲劇 / 213
  • 二 近松と義理 / 223
  • 三 近松と町人倫理-文學史と歷史學 / 239
  • 四 近松の作品 / 259
  • 1 「女殺油地獄」についての覺書 / 259
  • 2 「堀川波鼓」とお種 / 273
  • 3 「心中天網島」と「時雨の炬燵 / 284
  • 4 「傾城反魂香」と「吃又」 / 298
  • 附論
  • 歌舞伎論の課題-歌舞伎論爭の論點をめぐって / 309
  • あとがき / 327

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 元禄文学研究
著作者等 広末 保
書名ヨミ ゲンロク ブンガク ケンキュウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1955
版表示 増補第7版
ページ数 328p
大きさ 22cm
NCID BA55584786
BA69470322
BA71880983
BN00967711
BN0647563X
BN09622151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55004755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想